時計修理(ロレックス,オメガ,タグホイヤー修理)、オーバーホール、新品仕上げ
                      高価買取(下取)、販売、アフターダイヤ加工は東京美宝

時計修理の東京美宝
時計修理  オーバーホール(分解掃除)  ロレックス・オメガキャンペーン  時計ショッピング(新品・USED)  オーバーホール 分解掃除 修理 履歴
新品仕上げ・研磨・ポリッシュ  オーバーホール基本料金表  特急修理  よくある質問  部品解説付き時計小話


時計の表示機能について

時計のお話 第6回 『時計の表示機能について』

本日は、時計の基本表示方法をご説明致します。
デザインまたは機能を選ぶ上での土台となります。
時計選びの参考にしてみてはいかがでしょう。

腕時計の表示機能の基本となるのが時刻の表示である。
もっともポピュラーなタイプは時・分・秒針を同じ中心軸で動かす『中三針』による表示法。
このほか時刻表示法の原点であり、ドレスウォッチに多い『二針タイプ』や
時・分針と秒針を分けた『三針の別タイプ』などもある。

  二針式
  
  時針と分針の2つの針で時刻を表示する。
  二本の針が同じ中心軸から出ているタイプ
  (センターセコンド)は、中二針と呼ばれる。
  針を三本使用する三針式に比べると、文字盤が
  よりシンプルに見える。

  三針式(センターセコンド式)
  
  中三針とも呼ばれ、中央の中心軸から出ている
  時・分・秒の3本の針が連動して動く方法。
  腕時計では最も多くがこのスタイルとなる。
  細かい時間の視認性が高い。 
  三針式(スモールセコンド式)
  
  時・分針の二針に加え、秒表示のみを
  文字盤上に独立させたスモールセコンドを
  装備する。
  現行・アンティークに使用されていることも
  多い。時間を読む際、時・分針だけを認識
  できることで誤認を防ぐというメリットもあるが
  デザインとして採用される事もある。

  図解説明
 ※この画像はスモール
  セコンド式です。
【インデックス】
立体的な造形にすることで視認性を向上させるという
特徴がある。また、夜光塗料がついているタイプは
夜間の視認性も高めている。
【秒針】
比較的細長いシンプルなものが多く採用されるが、針の先端に塗料を入れたりすることにより秒単位の視認性も高めているものも多い。
【時針】
スリムでシンプルななものや
ロレックスのようにベンツのマークを
採用した先の太いタイプなど分針と
共に視認性とデザインに工夫が
凝らされている。
【分針】
針をインデックスにピッタリ重なる長さにし
視認性を高めているものや、長針より太くして
視認性を高めているものなどがある。
【スモールセコンド】
時分針とは別に、文字盤上に
独立して秒を表示する。
6時位置に配されるものが多い。

カレンダー表示機能について

時計のお話 第7回 『カレンダー表示機能について』

本日は、カレンダー表示機能のお話を致します。
カレンダーも自分の使い易い時計を選ぶ事でより機能が
生きてきます。参考にしてみてはいかがでしょう。

時刻の次に実用性の高い表示機能である。デイト(日付)、曜日といったカレンダー表示機能だ。
レンズ付きのデイトや、2ケタの日付をひとケタずつ表示することで視認性を高めたビッグデイト。
閏年の日付調整も自動的に行い2100年まで修正不要な永久カレンダーなど様々な種類がある。
中には日の出/日の入り時間表示や月齢表示などの特殊タイプも存在する。

 デイト
  
  一番の基本となるスタイル。多くは日付窓が
  3時位置に配されていることが多くモデルによっては
  4時や6時位置のものもある。
  ムーブメント内に、1から31までの数字が書かれ
  31個の突起を持つ回転ディスクが内蔵されており
  これが時間と連動して日付が変わっていく仕組みである。
  30日までの月は、リューズ部にて手動で早送りして
  日付を合わせる。
  ※デイト表示では、サイクロップレンズを
  使用することにより約2.5倍ほど数字が拡大される。
 デイデイト
  
  @デイとデイトが左右、又は上下に並んでいる。
  Aデイ(曜日)とデイト(日付)の窓が文字盤上の
    異なる位置に配されている。
  
  デイ、デイトそれぞれに専用の回転ディスクを使用している。
  
  1〜31までの数字が記され31個の突起を持つ
  デイト用ディスクと、7曜日が書かれ7個の突起を持つ
  デイ用ディスクが隣合って表示されている@と文字盤上の
  異なる位置に表示されるものAとがある。
  
   いずれも時刻と連動して、日付と一緒に動いて曜日を表示
  するタイプである。曜日は英語表示されているものが多いが
  中には英語・日本語等の組み合わせで曜日が2段階で動く
  14個の突起を持つタイプやブランドによっては英語以外の
  言語で表記されているタイプもある。 

 ■ビックデイト
  
  通常は一つのディスクに2桁の数字が記載してあるが
  ビックデイトでは1から3までの10の位と、0から9までの
  1の位を、2枚別のディスクを使用し表示する。
  2枚に分けることにより数字が大きくなり、より視認性が
  高くなる。

 ■トリプルカレンダー

  月・曜日・日付の3つのカレンダー機構を表示できる
  時計である。
  月や曜日は回転ディスクを使用し小窓に表示させ、日付は
  文字盤の外周にインデックスをおき、そのメモリを針指す
  ポインターデイトでの表示が多い。


 (セミコンプリケーション)準複雑時計
 
年次カレンダー
  
  1996年にパテックフィリップが特許を取得した機構である。
  通常の30日、31日は自動で判別、計算し修正を行うが
  閏年含む2月のみ手動で日付を修正する必要がある。
  この機構は準複雑時計といわれ、複雑時計である
  永久カレンダーよりは使用部品が少なく安価である。

 (グランドコンプリケーション)複雑時計
 ■永久カレンダー

  西暦・月・曜日・日付・4年に1度の閏年も自動で計算、
  修正し正確に表示する機能である。
  通常、30日までしかない日付は手動で進めなくては
  なりませんが永久カレンダーはその手間もなく閏年まで
  正確に表示が行われる。
  この機構はアブラアン・ルイ・ブレゲが考案したといわれ
  超複雑高級時計として生産されている。
  現在では、2100年まで対応している。

 ■ポインターデイ・ポインターデイト
  
  
日付・曜日の表示は通常、小窓で表示されることが多く
  日付が文字盤の外周にありインデックスを指す針が
  時・分・秒の3針以外の針で指し示すタイプである。

 ■ムーンフェイズ
  
  一般的に、文字盤上に配された扇型の小窓に月齢を
  表示する機構のこと。29,5日周期で月の満ち欠けを
  表示する。
  半回転する円盤に月のイラストが描かれている。




裏ブタシールについて

時計のお話 第8回 『裏蓋のシールについて』

本日は、裏蓋のシールについてお話を致します。
良くお客様より裏蓋についているシールは剥がした方が
いいのでしょうか?という質問を頂きます。

時計を長くご使用する上での参考にして下さい。

裏ブタの保護シールについて

新品の時計を購入されると、裏ブタに保護シールが貼られていることが多くございます。

こちらは新品時に傷がつきにくいように、防止用にて貼られております。

この保護シールを貼ったままご使用になりますと、シールと裏ブタの間に汚れや水、汗等が入り
腐食や劣化、錆びの原因となります。
 ※腐食の筋が入ったり、穴があいてきます。

なるべくご使用前に剥がしていただき、汚れや水分がついてしまった際には
メガネ拭きなどのやわらかい布で軽く拭いていただくことをお勧めいたします。

ただ、シールに価値をつけるお店もあるようなので、剥がさない場合は
シールのコンディションを保てるように工夫されることをお勧めいたします。



ご来店で当店をご利用予定の方も利用規約を必ずお読みください。ご来店頂く場合、利用規約をご了承頂けたものとみなし、お預かりさせて頂きます

ご利用規約 ご注文方法 お支払い方法 保証について サイトマップ
訪問販売法における表示 個人情報保護について リンク集 求人情報
本ウェブサイトのいかなる内容も、許可無くして複製することはできません。
ロレックス修理 copyright(c)2003 時計修理 東京美宝.All Rights Reserved. オメガ修理