時計修理(ロレックス,オメガ,タグホイヤー修理)、オーバーホール、新品仕上げ
                      高価買取(下取)、販売、アフターダイヤ加工は東京美宝

時計修理の東京美宝
時計修理  オーバーホール(分解掃除)  ロレックス・オメガキャンペーン  時計ショッピング(新品・USED)  オーバーホール 分解掃除 修理 履歴
新品仕上げ・研磨・ポリッシュ  オーバーホール基本料金表  特急修理  よくある質問  部品解説付き時計小話


時計の使い方
(時刻の合わせ方)
2004/08/19
最近よくあるご質問として、機械式時計の時間の合わせ方や使い方についてがあります。

今回はロレックス(ROLEX)等機械式時計の基本的な時間合わせ方法をご説明します。
基本的に曜日・日付の入った時計(デイデイト)の場合、曜日→日付→時間 の順番で合わせます。
ロレックス(ROLEX)のDAY-DATEを例にご説明致します。

ロレックス(ROLEX)のデイデイト(現行モデル)
1.リューズをゆるめ2段引く
2.リューズを手前↓に回し、曜日を合わせたい日の前日の曜日
  (「金曜」に合わせたい場合「木曜」)に合わせる
3.リューズを逆↑に回し、日付を合わせたい日の前日の日付
  
(「1日」に合わせたい場合「31日」)に合わせる
  ※日付だけを早送りする場合、20:00〜3:00の間で行なわないでください。故障の原因となります!
4.最後までリューズを引き時間を合わせる。
  ※この時に一度、曜日・日付を変わるように回し、午前・午後と時刻を合わせます。
最後に必ずリューズが完全に閉まっているかをご確認ください。

ロレックス(ROLEX)デイデイト(例・ref:1808等)
1.リューズを最後まで(三段)引く。
2.針を進め、曜日を合わせたい日の前日の曜日
  (「金曜」合わせたい場合「木曜」)に合わせる
3.曜日が合わせたい日の前日の曜日
 
(「金曜」合わせたい場合「木曜」)になったら、針を逆回転(リューズを逆に回す)させる。
4.逆回転させ、八時くらいまで戻し、また0時になるよう進めると日付が進む
  ※逆回転させると曜日も前の日に戻りますが、そのままで大丈夫です
5.上記4を繰り返し、曜日・日付を合わせ最後に針を回し、
  1度、曜日・日付を変わるように回し午前・午後と時刻を合わせます。
最後に必ずリューズが完全に閉まっているかをご確認ください。

ご来店で当店をご利用予定の方も利用規約を必ずお読みください。ご来店頂く場合、利用規約をご了承頂けたものとみなし、お預かりさせて頂きます

ご利用規約 ご注文方法 お支払い方法 保証について サイトマップ
訪問販売法における表示 個人情報保護について リンク集 求人情報
本ウェブサイトのいかなる内容も、許可無くして複製することはできません。
ロレックス修理 copyright(c)2003 時計修理 東京美宝.All Rights Reserved. オメガ修理